2014/01/28

義援金を福島県に寄付しました                   Remis le don à la préfecture de Fukushima

( texte en français en bas )
福島県の復興状況を紹介するイベント「福島県の明日にむけてFukushima demain」が127日、パリ市庁舎で開かれました。

ASFJAはこのイベントのレセプションで、これまでに集めた義援金およそ60万円相当の小切手を、福島県観光交流局長の五十嵐照憲氏にお渡ししました。


福島県の第一次産業の復興のために役立てていただきます。

これまでのASFJAの活動に対して、ご協力いただいた皆様にあらためてお礼申し上げます。今後ともASFJAへのご支援をお願いいたします。


このイベントは、福島県の復興状況を報告するとともに、日本酒やコメなど県農産品の安全性をアピールするために開かれました。

同県は、県産の農産物に対する放射性物質検査が、世界的にも厳しい基準の下に行われていることを説明。非難区域にある高校生の代表は、福島への支援に対する感謝の気持ちを述べました。







A l’occasion de la soirée à la Mairie de Paris, sur le thème « Fukushima demain » en présence de M. IGARASHI Terunori, directeur général du tourisme et de la promotion de Fukushima,  nous avons remis la somme de 600000 yens au titre de l'association, pour apporter notre aide au rétablissement du secteur primaire des zones sinistrés.

Les représentants de Fukushima se sont exprimés sur la reconstruction actuelle de la région et sur la sécurité des produits agricoles extrêmement contrôlés à tous les différents stades de la production, la sélection, l'emballage et ou la transformation avant leurs ventes local et à l'exportation vers la Thaïlande la Malaisie et nombreux autres pays à venir.


Nous tenons à remercier à tous et remercions par avance pour votre soutien constant.





0 件のコメント:

コメントを投稿